工事業者は免許で判断

電気工事

業者選びの判断基準

電気工事は様々な種類の工事があります。一般に電気工事店に依頼するのは、コンセントの場所変更やテレビの設置が多くなります。作業自体は、配線を繋ぎ変えたり延長したりして新たに器具を取り付けるだけなので、難易度的には高くありません。そんな電気工事店も選ぶ業者を間違えると後々トラブルも発生します。電気工事業者選びのポイントは、作業者がどの様な免許資格を所持しているかで図ることが出来ます。一般家庭の電気工事では、第二種電気工事士の免許が必須です。上級資格では第一種電気工事士の免許も有ります。一種の免許は実務経験が5年無いと免状を発行してもらえないので経験豊富との判断も出来ます。電気主任技術者免許を持っている人が居れば、間違いなく知識も豊富で心配はいりません。作業者の身なりや言葉使いも大切です。電話で工事を依頼した際に言葉使いが乱暴だったり横柄な業者は、作業工具も汚れていたり、従業員の服も汚れている可能性が高いです。家の中で作業をして貰う訳ですから、そういった気遣いが出来ると言う事は作業も丁寧かつ慎重にしてくれると判断できます。電気工事の店を選ぶ基準ですが、店の規模は関係ありません。小さい個人経営の電気工事店でも仕事はきっちりする店も存在しますので、気にしなくて大丈夫です。電気は日常的に使用する使用度の大きな設備です。うっかりで配線間違いなど有れば機器の損傷など起こるので、知識と経験で判断するのがベストです。

Copyright © 2017 お風呂に浄水器を取り付けよう|美活にも役立つ All Rights Reserved.